So-net無料ブログ作成

カシオペアの丘で (上・下) (重松 清) ★★★★ [読書]

 本屋大賞では10位でしたが、さすがに重松さん、読ませますよ。 北海道の炭鉱の町だった、北都市という架空のまちの仲良し4人組、トシ、シュン、ユウちゃん、ミッチョ。小学4年生だったら彼らが39歳のとき、東京で起こった悲惨な事件をきっかけに、彼らは再び。。。そして、病気を抱えてしまったシュンは、妻と子を連れて故郷を。。。
 少し書けばすべてネタバレになってしまうな。テーマは「ゆるされたい人々」だね。北都市に大きな影響力を持ち続けてきた倉田千太郎は、シュンの祖父。この街で過去に起きた悲惨な炭鉱事故での非情な決断。トシが車椅子生活になってしまった原因も。川原さんの生き方、倉田仙太郎の生き方、シュンの生き方、トシの生き方。。。考えさせられて、とても悲しく、でも暖かい。

 市立図書館で借りました。

カシオペアの丘で(上)

カシオペアの丘で(上)

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/05/31
  • メディア: 単行本



カシオペアの丘で(下)

カシオペアの丘で(下)

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/05/31
  • メディア: 単行本



2008-04-30 22:22  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます