So-net無料ブログ作成

2018年2月の読書 [読書]

1月は読み切ったものがなかったのかなぁ。
今月はとりあえず3冊。


1 「銀河鉄道の父」(門井 慶喜) ★★★★
  今回の直木賞受賞作。宮沢賢治の父、政次郎からみた賢治。お父さんってそうだよねと思いながら、後半は政次郎の気持ちになって読んだ感じです。宮沢賢治の作品はある程度知っていても、人物はほとんど知らなかったので新鮮でもありました。直木賞受賞、納得です。
  市立図書館で借りました。

2 「火定」(澤田 瞳子) ★★★★
  (かじょう) とふりがながふってありました。今回の直木賞候補作。寧楽(なら)が都の時代だから、平城京の時代のバンデミックを描いた作品。迫力あります。
  施薬院で働く蜂田名代(はちだのなしろ)は仕事が嫌でたまらなかったが、裳瘡(もがさ=天然痘)の流行に忙しく働くうちに、そして里中医(町医師)である綱手の働きぶりに感化されて。。。高志史広道(こしのふひとひろみち)、猪名部諸男(いなべのもろお)、宇須(うず)、虫麻呂などの人物も存在感あります。
  市立図書館で借りました。

3 「蔵を継ぐ」(山内 聖子) ★★★
  日本酒業界を牽引する5人の若き造り手たちの話。寫樂、廣戸川、白隠正宗、十六代九郎右衛門、仙禽。
  小杉さんからもらった本。



2018-02-03 10:44  nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 
2017年11月の読書2018年4月の読書 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます