So-net無料ブログ作成

2017年7月の読書 [読書]

今月は、2冊だった。



1 「影裏(えいり)」(沼田 真佑)(文学界2017年5月号) ★★
  今回の芥川賞受賞作。なんとか最後まで読んだけど、決して読みやすくはないです。まぁ、近年の芥川賞はそういうものと割り切っていますけど。響かないんです。
  市立図書館で借りました。

2 「月の満ち欠け」(佐藤 正午)  ★★★★
  今回の直木賞受賞作。不思議なお話ですが、読みだしたらどんどん読み進んで行ってしまいました。少し気味悪いと思う人も多いかもです。
  ”正木瑠璃→小山内瑠璃→小沼希美→緑坂るり”。正木瑠璃の夫である正木竜之介、浮気相手となった三角哲彦、小山内瑠璃の父である小山内堅、そして小山内堅の妻である小山内梢は→荒谷みずき。
  ネタバレになってしまうけど。他に書きようがない。読ませる筆力は流石です。
  市立図書館で借りました。


2017-07-23 21:31  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 
2017年6月の読書2017年8月の読書 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます