So-net無料ブログ作成

2016年11月の読書 [読書]

今月は、2冊。

1 「わしの眼は十年先が見える」(城山 三郎) ★★★★
  今月初め、大原孫三郎さんの「十人の人間のうち、五人が賛成するようなことは、たいてい手おくれだ。七、八人がいいと言ったら、もうやめた方がいい。ニ、三人ぐらいがいいという間に、仕事はやるべきものだ」という言葉に共感をしたと知事に言ったら、本は読んだのかと聞かれてしまい、読んでいなかったので失敗した。。。
  とうことで読んでみたら、ホントこの人面白い。大河ドラマになってもいいくらいの人だと思いましたよ。新書も買ったので、それはこれから。
  Amazonで購入。

2 「ハーバード白熱日本史教室」(北川 智子) ★★★
  これも知事の影響だw。遠州織物のシャツのことで行ったときに、「レディサムライ」の話をされたので読んでみました。これはたしかに面白い授業だったようです。自慢話っぽくもあるけど、内容はちゃんと伝わってくるので、参考にするかどうかは読んだ人次第ということかな。
  自分で立ち回りをするのではなく、北政所(ねね)のようなペアルーラー(夫婦統治者)が代表的なレディサムライということです。面白い話だと思いますよ。
  Amazonで購入。


2016-11-23 10:06  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 
2016年10月の読書2016年12月の読書 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます