So-net無料ブログ作成

オーダーメイド殺人クラブ (辻村 深月) ★★ [読書]

 この前の直木賞候補作。辻村さんの小説は、イマイチのれない。結末は嫌いじゃないけど…。

 小林アンは中学二年生。「赤毛のアン」が大好きな母親にうんざりしながら、キワモノ?が大好きな性格らしい。もちろん、そんなそぶりはみせずに、運動部の”いい女子”としてふるまっている。あるとき、同じクラスの徳川勝利を河原でみかける。彼はネズミを痛めつけているらしい…。やがて二人は、”オーダーメイド殺人”の計画を練り始める…。
 難解な文章ではないけど、あまり興味を引く内容ではなく最初はなかなか読み進めなかった。うーむ、やはり小説はもっと楽しいのが好きだなぁ。

 市立図書館で借りました。

オーダーメイド殺人クラブ

オーダーメイド殺人クラブ

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/05/26
  • メディア: 単行本



2011-09-08 06:38  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます