So-net無料ブログ作成

盤上のアルファ (塩田 武士) ★★★ [読書]

 これは確か日経夕刊の書評で読みたくなった。塩田さんはこれがデビュー作とのこと。

 新聞記者の秋葉隼介は事件記者から左遷されて文化部へ。やむなく将棋のタイトル戦の運営をして記事を書く。アマチュア将棋のチャンピオンの真田信繁は、いまさらながら奨励会三段編入からのプロを目指すことにするが、喫茶店のバイトがクビになり、家賃を滞納していたアパートからも追い出され、小料理屋「水明」で知り合った秋葉のところにやってくる。なぜか、「水明」を経営する静も含め三人で、真田のプロ棋士を目指した共同生活が始まる。。。
 真剣師なども登場し、将棋の世界も面白いようです。読みごたえある小説でした。

 面白いですよ。

 市立図書館で借りました。

盤上のアルファ

盤上のアルファ

  • 作者: 塩田 武士
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/01/06
  • メディア: 単行本



2011-03-01 22:04  nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

篤子

新聞記者だった経歴を生かしてますね。

盤上のアルファ を書いた塩田さんって、もと新聞記者。
だからその経験が生きてるみたいですね。
新作「女神のタクト」は、音楽にスポットを当てて、
ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番なんて、
珍しい曲を取り上げましたけど、
いわゆるドタバタでノリ良くたのしい作品でした。

なんでこんな作品を書けるんでしょ、って思ってたら、
塩田さんを解説してるサイトがありました。
http://www.birthday-energy.co.jp

今後は何を出しても売れるようになってくそうです。
これからも気になる存在になりそう。

by 篤子 (2011-12-18 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます