So-net無料ブログ作成

小太郎の左腕 (和田 竜) ★★★★ [読書]

 「のぼうの城」「忍びの国」に続く和田さんの三作目。今回も戦国時代だけど、あまり知られていない場所が舞台です。これも面白い。



戸沢家を盟主に抱く林半右衛門は、負け戦の殿をつとめ、山中を通って帰る途中、要蔵と小太郎に助けられる。「鉄砲試合」に参加したいという11歳とは思えない体格の小太郎との約束を果してやった半右衛門は、左構えの銃を手にした小太郎の凄さを知る。これが、この後の半右衛門と小太郎たちの運命を変えていく・・・。
 雑賀衆だった要蔵と小太郎、半右衛門の養育係であり、いまも従う藤田三十郎、そして好敵手、児玉家の花房喜兵衛。読み応えあります。

 市立図書館で借りました。

小太郎の左腕

小太郎の左腕

  • 作者: 和田 竜
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/10/28
  • メディア: 単行本



2009-12-16 01:40  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます