So-net無料ブログ作成

映画「重力ピエロ」 ★★★★ [映画]

 前から観たいと思っていましたが機会を作れずにいました(千円で観れる日になかなか都合がつかなかったということ)。娘も”観たよ~”というのでなんとかしたいよ思いお強くしていたところ、珍しく早く帰れそうな日とメンズデーが重なったので、開演時間ギリギリに飛び込みました。ガラガラだったけど、良かった~

 「春が二階から落ちてきた」。映画も原作通りのセリフで始まる。おーおー。
 落書きアートと放火事件。そうだ、そういう話だった
 はちみつを作っている父。大学院生の泉水。あれ、そうだっけ(原作のかなりの部分は忘れてしまっていたが・・・)。
 「最強の家族だ」。おぅ。最強の兄弟だったような気も(あとで確認したら、原作でたしかに最強の家族と書かれていた)。
 夏子さん。そうそう、春を追いかけるからね。
 などと心の中でつぶやきながら、次第に映画の中に引き込まれていきました。全然時間を気にしなかった約2時間(面白い映画でも、ふといまどのくらい経過したんだろうと気にしてしまう映画もあるんです)。
 絵の展覧会の回想シーンもよかった。

 そして、ラストの父のセリフ。 「おまえは俺に似て、嘘が下手だ」。 あー、ここだぁ。やっぱり感動しました。
 家に帰って、原作(文庫本しかないけど。単行本と少しだけ違うので、単行本も買いたいけど)をところどころ読んでいるうちに寝てしまいました(笑)。ちなみに、しおりが挟まれていたのは、父のセリフの場面でした。うん。
 原作を読んでなくても十分堪能できる映画だと思います。父と母がとっても素晴らしい。もちろん、泉水と春も(この兄弟役の二人の俳優さんのことは全然知らないけど、有名らしいね)。
 ただ、ひとつだけなぜか残念な気がしたのは、喫茶店で春が”ジンジャエール”を頼んだこと。すごく違和感がありました。、あぁ、もうひとつ。”探偵の黒澤”がボカされているのはしょうがないか(笑)。


2009-06-11 07:11  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます